読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sometimes I laugh

高専卒WEBエンジニアがいろいろ残しておくブログ

FuelPHPのデフォルトバリデーションルールの仕様について調べた話

f:id:watass:20141214211533p:plain

最近仕事でFuelPHPを使う機会を得たのですが、FuelPHPのデフォルトで用意されているバリデーションルールで少しハマった部分があったため、戒めのためにまとめておきます。

意外とググッても情報が出てこない部分があって、公式ドキュメントはそれなりに充実しているものの、細かな仕様までは書かれていません。最終的にはコアのコードを読むのが一番だと気づいてようやくバリデーションルールの仕様がわかってきたのですが、やっぱり困ったらコアのコードを読む気持ちを持とうよという話です。

続きを読む

Railsで好き嫌い管理アプリ作った

https://kobayasitabel.herokuapp.com/

タイトルの通りです。
知人の好き嫌いが激しすぎて何ならば食べられて何ならば食べられないのか判別が難しかったので勢いで作りました。
中身は大したことのない簡単なものですが、Railsの開発の速さと生産性の高さを感じることができたのはいい経験でしたね。

続きを読む

ローカルで開発したRailsアプリをCapistrano3でEC2にデプロイする

f:id:watass:20150826201128p:plain

最近RailsのScaffoldから色々開発するのにハマっていて、WEBRickで動作確認しながら、ちょこちょこ開発していました。
そろそろ公開環境へのデプロイ自動化を考えないとなーとなって、せっかくなので今までやっていた単純なAnsibleを使用した形ではなく、デプロイ支援ツールであるCapistranoを使ってローカルマシンからデプロイする手順を自動化してみました。
ちなみに、今までまとめてきたAnsibleを使った形式は以下の記事にあります。

続きを読む

RailsのScaffoldでネストしたResourceを作る

先週、Rails寺子屋に参加させていただきまして、いまさらながらRailsデビューを果たしました。もともとバックエンドにはFuelPHPを使っていたので、未だにRuby独自の記法に四苦八苦しながらも、Scaffoldの強力さに感動を覚えている次第です。お恥ずかしながら、FuelPHP使っていたときにはmigrationとか使うことはありませんでした・・・

Railsを触り始めて「とりあえず頭の中にある作りたいものを、最小構成で作ってみよう」と思いたち、複数のグループがあって、そのグループに属するユーザが複数いて・・・みたいなのを作り始めました。しかし、Resourceをネストさせる辺りで詰まったのでメモ。

続きを読む

AngularJSでクリックする度に一定時間だけ表示される要素を作る

f:id:watass:20150722224307p:plain

最近、AngularJSが楽しすぎてフロントエンドばかり触っています。Yeoman便利すぎgrunt最強すぎ。ストレスフリーに色々試せるので、つい遊びすぎてます。
今回は小ネタですが、意外と情報がなくて困惑したのでメモとして残しておきます。
JavaScript初学者なので、他にこんな方法あるよ!とかこれは間違ってるよ!というのがあれば教えて下さい。お願いします。

続きを読む

Yeomanを使ってAngularJSによるAPIリクエストと非同期の画面更新を高速実装する

f:id:watass:20150620165606p:plain

過去の記事からもわかっていただけるかと思うのですが、AWSやらFuelPHPやら、どちらかというとバックエンドの仕組みやインフラの仕組み作りを楽しいんですよね。
そんな感じで色々自分なりにやりつつも「あー、やっぱり自作アプリぐらい作っておきたいなぁ」と思い、FuelPHPでちまちま書いていたのですが、全然続かないわけですよ。
なぜか。それは成果物の見た目がかっこよくないからです。いくら頑張ってきれいなコードを書いたところで、できたアプリがダサいようでは、機能拡張もやる気になりませんよね。

というわけで、フロントエンド初心者丸出しの私がちょいとググって良さそうだったYeomanを使って、AngularJSを使ってAPIレスポンスのJSONを取得、非同期に画面を更新するというバックエンドとの連携部分をサクッと実装してみましたので備忘録として残しておきます。

続きを読む

Heroku Dropbox Syncでブラウザからデプロイする

f:id:watass:20150517164521j:plain

最近興味があり、Herokuを触り始めたのですが、今年の新人研修でクラウド関係の話を非エンジニア含めた場で話させてもらえる機会があるので、AWSに限らず、Herokuの話をしようかなと思っています。
個人的にはクラウドといえば、AWSのようなIaaSなのですが(GCPの方はすいません)非エンジニアの方にAWSのメリットを語るためには、いかにハードウェアを扱うことが面倒臭いか、インフラを自前で管理することがトラブルに繋がるかという部分を体感してもらえないといけないなぁと思いまして、そうなってしまうと、手っ取り早くクラウドの面白さ、便利さを体感するならばPaaSが一番だろうと考えました。
特に、黒い画面を見ることに抵抗がある人でも簡潔にやる方法として、HerokuのDropbox連携が一番簡単にできそうだったので、事前に手順を整理しておきます。

続きを読む